no1:Shinji.K
まず初めは管理者父親です。
​他界しておりますが、1960年代米国のシカゴに、公費留学を6年間しておりました。
正式には在福外国人ではないのですが、1960年代の米国では完全に外国人でした。
まだ、在福外国人の撮影が進んでいない為の救済策です。
身内の紹介で失礼します。
渡米時、まだ米国に日本人留学生は少なく、父はとても苦労したそうです。
当初はまったく英語が話せませんでした。それにも関わらず米国人宅に1人ホームステイしていた為、食事時は地獄だったそうです。
話すのが苦痛だったので、最初の1年間はほとんど部屋から出られなかったそうです。
下の絵は父が6年間下宿していた家の絵です。ホストファミリーのお父さんは
絵が趣味で、父が帰国する際いただいたのだとか。

unnamed.jpg

抱いているのは姉です。姉も1年程、母とシカゴ暮らしをしていたそうです。その頃は東アジア人の子供は珍しく、姉はどこへ行っても大人気だったそうです。あまりに人気なので、父は実家から七五三の着物を送ってもらい、姉に着せシカゴの街中を一緒に歩いたそうです。
いつも嬉しそうに自慢しておりました。

no1: Shinji.K
First of all, the administrator father.
Although he passed away, he spent six years studying abroad in Chicago, USA in the 1960s.

Although not a formal foreigner living in Fukuoka, he was a completely American foreigner in the 1960s.

This time, the shooting of foreigners living in Fukuoka has not progressed yet.
I'm sorry for the introduction of my relatives.

When he arrived in the United States, there were still few Japanese students in the United States, and my father had a hard time.

At first, he couldn't speak English at all. Despite this, he was homestaying alone in an American family , so he was in hell when .

It was painful to talk, so he could hardly get out of the room for the first year.

He is holding my sister. My sister also lived in Chicago with her mother for about a year. At that time, children in East Asia were rare, and my sister was very popular wherever she went.

She was so popular that he had a kimono sent from Japan.

He dressed her sister and walked around the streets of Chicago together.